菌活・腸活でカラダイキイキ!

免疫大魔王の菌活ブログ

乳酸菌 乳酸菌の種類

ビフィズス菌【LKM512株】の免疫力強化作用が凄い!LKM512株ヨーグルトも好評!

更新日:

Pocket

f:id:menekidaimaou:20170521105749j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

今回の主役の菌株もビフィズス菌なのですが、これも他の菌株に負けないどころか、ちょっと他の菌株に比べ、突出した作用を持つようなのです。

 

 その名もビフィズス菌「LKM512株」と言い、ビフィズス菌独特の作用であるおなかの調子を整える「整腸作用」そっちのけで、免疫力強化の作用に特化したような菌株ですので、それの詳しい特徴や効果についてお話していきます。

ビフィズス菌LKM512株の特徴と効果

f:id:menekidaimaou:20170521110849j:plain

ポリアミンを増やし、免疫バランスを調整

ビフィズス菌LKM512株の正式名称は、ビフィドバクテリウム属アニマリス亜種ラクティス種LKM512株と呼ばれます。

 

ビフィズス菌KMK512株は、生きて腸まで到達し、大腸で増えることができます。

メーカーである協同乳業の研究によりますと、大腸で増えたビフィズス菌LKM512株は、腸内で※ポリアミンを増やす働きがあります。

 

※ポリアミン

ポリアミンとは、第一級アミノ基が3つ以上結合したアミノ酸の一種であり、ウィルスから人まで、あらゆる生体中に含まれ、細胞分裂や蛋白合成などの活動に深く関与している成長因子の事です。

ポリアミンは母乳にも含まれ、赤ちゃんが生まれて10日~2週間後に最も多くなります。これが、胃や腸などの消化器の成熟化などにより、赤ちゃんの成長促進に関与していると考えられ、赤ちゃん用の粉ミルクに添加する例もあるようです。

また、動脈硬化などの様々な疾患に対する抑制効果が期待されている物質です。

 

このポリアミンの作用により、腸管のバリア機能を高めることができ、その結果が、消化過程のタンパク質や微生物が体内に侵入するのがガードされるため、炎症やアレルギーの発症が減少すると言われています。

 

DNAの修復によるガンの予防

私たちが食べるものには、体に良い効果を与えるものばかりではなく、中には有害なものも含まれます。腸内にはその食べたものや微生物に由来する有機物質や微生物が作り出すとされる有害物質がたくさん存在しています。これらの物質が高分子生体物質である「DNA」を損傷することが分かっています。

 

じつは、これがガンの発症のキッカケとなるのですが、先ほどご説明しましたポリアミンには、その損傷を受けたDNAを修復する働きがあると言うのです。また、腸内で継続的に生み出されるポリアミンは、腸管から吸収されて全身の細胞へと運ばれますので、全身にある免疫細胞に作用すると言われています。実験でも全身の免疫細胞の働きが改善されたことが分かっています。

 

腸内細菌がポリアミンを作る

あるマウスを使った実験によりますと、腸内細菌のいないマウス(無菌マウス)と通常のマウスの大腸のポリアミンの濃度を調べてみたところ、通常のマウスのほうのポリアミン濃度が圧倒的に高いことが分かっています。腸内細菌の中には、ポリアミンを自ら作る作用のあるものもいれば、環境中のポリアミンを吸収する菌種もいます。いずれにせよポリアミンの濃度は、それら腸内細菌の数や環境の良し悪しに左右されます。

f:id:menekidaimaou:20170521114733j:plain

ビフィズス菌LKM512株は、腸内環境を整えて、変動した菌種構成によりポリアミンの濃度を高くする作用があります。

 

大腸のバリア機能を維持

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の人で多いのが、大腸のバリア機能が損なわれていることです。このバリア機能が損なわれていることで、食べ物を含む体内の有害物質が腸壁から体内に侵入し、それがアレルギー症状を引き起こすとされています。

これは、アレルギー症状だけでなく、ガンや糖尿病や心疾患などの生活習慣病と言われて久しいものや、メタボリックシンドロームなどの症状にも関係します。

f:id:menekidaimaou:20170521120826j:plain

マウスを用いた実験で、マウスを3つのグループに分け、ビフィズス菌LKM512株、スペルミン(ポリアミンの一種で最も活性が高いとされるもの)、生理食塩水を週に3回づつ経口投与した実験を行いました。その結果、ビフィズス菌LKM512株を与えたグループの生存率が最も高かったようです。スペルミンを与えたグループは生存率が50パーセント、生理食塩水を与えたグループは生存率が20%だったようです。

 

また、生理食塩水を与えたグループには、皮膚に腫瘍や潰瘍が発生するマウスが多かったのに対し、ビフィズス菌LKM512株を与えたグループにはほとんどそのような症状は発生せず、毛並みもツヤツヤで元気だったようです。

 

ポリアミンそのものを与えたグループにも生存率の改善がみられたようですが、注目すべきところは、ポリアミンを直接摂取させるよりも、ビフィズス菌LKM512株の摂取によって、腸内でポリアミンを産生させたほうが効果的だということでしょう。

 

このことから、ビフィズス菌LKM512株が腸内で継続的にポリアミンを生成することにより、大腸のバリア機能が維持されたことを表しているとされています。

 

ビフィズス菌LKM512株を含む市販製品

f:id:menekidaimaou:20170521122853j:plain

出典:メイトー オンラインショップ 

http://www.meitoonline.com/

おなかにおいしいヨーグルト

ビフィズス菌LKM512株を含んだ市販製品のヨーグルトですが、「おなかにおいしいヨーグルト」と言いまして、※消費者庁許可の特定保健用食品に指定されています。

 

※特定保健用食品

特定保健用食品は、個別の食品ごとに提出されたデータに基づき、その有効性や安全性について国が審査を行い、科学的な根拠の存在が確認された範囲内で、特定の保健の用途を表示することについての許可を与える食品です。

 

効果や効能は、上で申し上げた通りなのですが、実はこのヨーグルトはスーパーやコンビニなどの量販店での取り扱いが無く、通販のみの販売となるようです。

 

ですので、興味ある方は、お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170331232123j:plain

今回のお話しの主役のビフィズス菌LKM512株は消費者庁許可の特定保健食品であり、まさに特定の効果や機能が高いとされる「機能性ヨーグルト」を凌ぐほどの効果を目指して開発・製造・販売されたということでしょう。通販限定というところが却って興味をそそりますね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-乳酸菌, 乳酸菌の種類
-,

Copyright© 免疫大魔王の菌活ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.