菌活・腸活でカラダイキイキ!

免疫大魔王の菌活ブログ

30代女性に多いお悩みと改善方法 お悩みいろいろ

妊娠中の30代女性の便秘を下剤や便秘薬に頼らずに改善する方法とは!?

更新日:

Pocket

f:id:menekidaimaou:20170522211730j:plain

どうも!管理人の免疫大魔王です。

ボク免疫大魔王の職場でも、赤ちゃんが出来て、産休を取られる方が何人かおられますが、赤ちゃんを授かることは大変おめでたいことであります。

ただ、その喜び一杯の妊婦さんにも、悩みはあります。そうです!妊娠中期に便秘になってしまう方が多いようなのです。おなかに赤ちゃんがいるので、便秘薬や下剤は使いたくないと言う方も多く、でも便秘は深刻だし、どうすればいいの!?とお悩みの方も多いはず。

 

 今回は、そんな深刻な便秘でお悩みのあなたが、下剤や便秘薬に頼らずに便秘を改善して、すっきり出来るようお話していきます。

知っておかないと怖い便秘薬(下剤)の副作用とは!?

f:id:menekidaimaou:20170522213148j:plain

深刻な便秘でお悩みの方の中には、便秘薬や下剤を使用したことがある方もおられると思います。ただ、必ず便秘薬には副作用があります。その副作用とはどのようなものなのでしょうか?

 

いろいろな便秘薬や下剤の副作用

便秘薬や副作用には、いろいろな種類があります。それぞれどのような副作用があるでしょうか?

アントラキノン系の便秘薬

センナ、大黄、アロエ、カスカラサクラダなど、昔から便秘の特効薬として使用されてきた生薬が主成分の便秘薬です。

長期にわたっての使用は避けたほうが良いと、製薬会社の説明にも明記されています。長期に渡って使用することにより耐性がつきやすいと言われています。特に重症の硬結便の方や、痙攣性便秘の方、妊婦さんが使用する場合は慎重を期すようにとの説明もあります。

 

また、子宮の収縮を誘発することがあるようなので、妊娠中の方は早産や流産の危険性もあるようです。薬の成分が母乳に混ざる危険性があるので、授乳中の使用は厳禁です。

 

ジフェニルメタン系の便秘薬

近年開発された合成薬です。

代表的なものに、ピコスルファートナトリウムやビサコジルなどがあります。

ソフトな刺激で自然に近い排便をもたらすのが特徴のようですが、副作用が皆無という訳ではありません。もともと、胃腸が弱い方や以上がある方が使用すると、稀ではありますが、腸閉塞や虚血性大腸炎と言った重大な症状が出てしまう時があるようです。

 

塩類下剤系のもの

俗にいう「マグネシウム」系の便秘薬のことを指します。便秘で病院に行きますと、処方される薬のほとんどがこれにあたると言われています。

浸透圧の高い成分により、腸内の水分を増やして便を柔らかくする便秘薬です。これは、腎臓に疾患のある方は、マグネシウムが溜まりやすいため、高マグネシウム血症を引き起こす危険性があります。心疾患の方も心不全の恐れがあるようです。

 

膨張性下剤

腸の中で水分を吸収して膨らみ、便のカサましをして腸の動きを促す薬です。

主な成分に、プランタゴ・オバタ種子、寒天、小麦ふすま、メチルセルロースなどがあります。市販商品には、スルーラックデトファイバーや、サトラックス、コーラックファイバーがあります。

 

腸管が狭くなっている方は、腸閉塞の危険性があるため注意が必要です。

 

 

当然、薬ですので多かれ少なかれ、副作用は必ずあります。実際に妊娠中に便秘になった方のご意見を聞いてみますと、便秘薬や下剤は出来たら飲みたくないけど、痔になってしまうよりはマシ!いうことで、便秘薬の使用はやむを得ないと言う方もいらっしゃるようです。でも、何とか薬に頼らず改善できる方法は無いものでしょうか?

 

腸内環境を整えて便秘を改善しよう!

f:id:menekidaimaou:20170522222419j:plain

妊娠中であるあなたが、便秘薬や下剤に頼ることなく、なおかつ安全に便秘を改善するためには、食生活の改善を始めとする腸内環境の改善をすること以外に方法は無いかと思います。きちんとやれば体は応えてくれるはず。

 

1.食物繊維の摂取

食物繊維の摂取は、腸内環境を整えて、排便を促し便秘を改善するには欠かせないものです。ただ、食物繊維には「水溶性食こ物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方がありますので、それぞれの特徴と効果を知っておいてから摂取すると良いでしょう。

●水溶性食物繊維を含む食べ物と効果

水溶性食物繊維を多く含む食べ物は、わかめや昆布などの海藻類や、こんにゃく、ごぼう、オクラ、エシャロット、切り干し大根、アボガド、イチジク、洋ナシなどです。

水溶性食物繊維は、腸内でゲル状になり、余分な栄養素やコレステロールを包み込み、体外へ排出するほか、ビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内を活性化し、便秘を予防、改善する働きがあります。

 

●不溶性食物繊維を含む食べ物と効果

不溶性食物繊維を多く含む食べ物は、いんげん豆、あずき、えんどう豆、おからなどの豆類や、とうもろこしやライ麦、大麦などの穀類に豊富に含まれています。

不溶性食物繊維は、胃や腸で多くの水分を吸収し、膨張します。そして、腸の蠕動運動を促し、便のカサましをし、便通を促進することによって、便秘を予防・改善します。

★関連記事:食物繊維の有効な摂り方とは!?

腸内環境を整え健康的に痩せる食物繊維の有効な摂り方とは!?
 どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さん、栄養バランスの良い食生活を送ってられますでしょうか?健康で元気にすごして、なおかつ見た目を若々しく美しい容姿を保つに...

2.発酵食品の摂取

発酵食品には、いろいろあり、特にヨーグルトをイメージされる方が多いようですが、日本には古くから食べられてきた乳酸菌による発酵食品が豊富にあります。

特に味噌や醤油には、麹菌という健康効果の高い菌によって発酵されており、その高い効能が今、注目されています。

★関連記事:味噌汁は食べる点滴!

味噌汁は食べる点滴!沸騰させても有効な乳酸菌を摂ろう!
どうも!管理人の免疫大魔王です。日本には、乳酸菌が豊富な発酵食品が実に数多く存在し、積極的に摂ることで、優良な腸内フローラを創ることができたり、免疫力を高め...

また、キムチや糠漬けなどの漬物類も外せません。日本の漬物からは、健康効果が極めて高いとされる漬物が豊富にあります。

★関連記事:漬け物の乳酸菌パワーがスゲエぞ!

漬け物の乳酸菌パワーがスゲエぞ!どんな健康効果が期待できる?
どうも!管理人の免疫大魔王です。 日本が世界に誇る(大げさ)乳酸菌と言えば、やはり漬物でしょう!乳酸菌が豊富な発酵食品は世界中にありますが、日本ほど乳酸菌食品...

 

3.乳酸菌サプリメントの摂取

食事だけではどうしても足りなかったり、便秘が改善するのに、あと少し決定打が欲しいという時は、乳酸菌サプリメントの摂取が効果的です。

 

乳酸菌サプリメントは、下剤や便秘薬のような薬ではありませんし、副作用はありません。ただ、モノによっては、便秘でない方が摂りますと、効きすぎてお腹がゆるくなる場合もあるようですが、大丈夫です。特に妊娠中の便秘には、乳酸菌サプリメントの摂取は大変効果的だと言えるでしょう。

★関連記事:サンミリオンの乳酸菌サプリメント 乳酸菌革命の効果はホンモノ!

サンミリオンの乳酸菌サプリメント 乳酸菌革命の人気は嘘でなくホンモノですよ!
どうも!管理人の免疫大魔王です。今回も、ボクがイチオシの乳酸菌サプリメント、サンミリオンの乳酸菌革命のレビューをします!この乳酸菌サプリは、ボクにとって大変...

是非、安全で、なおかつ副作用の心配の無い方法で便秘を改善して、元気な赤ちゃんを産んで下さい!

f:id:menekidaimaou:20170522232138j:plain

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170329221850j:plain

我が家は、既に子供が大きくなっているため、家内が妊娠中のこともなかなか思い出せないのですが、確かボクの家内も妊娠中に便秘にはなっていたようです。結構多いようなんですね。

これは、女性だけが抱え込むには負担が大きいかと思いますし、もし、今妊娠中の奥様がおられる男性の方が、このサイトを見る機会があれば、是非、便秘に限らず、妊娠中の女性にどのような症状が起こりやすいか理解して頂き、奥様だけでなく、旦那様も一緒になって妊娠中の奥様の症状を改善していって下さい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-30代女性に多いお悩みと改善方法, お悩みいろいろ
-,

Copyright© 免疫大魔王の菌活ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.