乳酸菌

乳酸菌の正しい種類や効果を知っていますか!?そもそも乳酸菌とは?

更新日:

Pocket


どうも!管理人の免疫大魔王です。

ボクは、「乳酸菌オタク」とか、「発酵食品マニア」と言われるぐらいの乳酸菌好きで知られています。決して変態ではありません<(`^´)>

スポンサーリンク

菌活」や「腸活」ブームの昨今ですが、それでも、未だに、乳酸菌と言えば、ヨーグルトやヤクルトの事かと思われてる方が多いように思います。大変もったいない気がします。

ここでは、これだけ素晴らしい健康効果のある乳酸菌の正しい種類や効果を知って頂くとともに、自分に合った乳酸菌はどの乳酸菌か?とご自分の健康効果を高めるための参考にしていただけたらと思います。

偉そうなことを言っていますが、ボクも乳酸菌の事でまだまだ、知らないことがたくさんあり、勉強中の身でもあります。是非ご一緒に勉強して、健康に役立てましょう!

そもそも乳酸菌とは何か?

乳酸菌とは、僕たち人間が食べたものからできるブドウ糖などの糖類をつくり出す菌の総称を乳酸菌と言い、決して乳酸菌という名前の菌ではありません。

また、乳酸菌にはそれぞれ種類が違うと名前の違い、その種類、なんと600種類もあるんだとか!

形も色々で、丸い形の球菌や、棒状のカタチの桿菌(かんきん)、らせん型のらせん菌というものまでいろいろあり、よく聞く「ラクトバチルス」のバチルスは桿菌のことであり、「ラクトコッカス」のコッカスは球菌の事です。性質も酸素があるところでも生きられる「通性嫌気性」の菌もあったり、酸素のあるところでは生きられない「嫌気性菌」もいます。

属・種・株とは?

乳酸菌の正式名称はたいていが○○属・○○種・○○株と、3つの名称の組み合わせで成り立っています。最初にくる「属」が一番大きい単位であり、「種」「株」といくにつれ、小さい単位となっていきます。

例えば、日本で知らない人はいないだろうという「ヤクルト」に使用されている乳酸菌の正式名称は、「ラクトバチルス属カゼイ種YIT9020株」と言います。これらの名前着け方にもこのようなルールがあり、どの由来のどの種類の乳酸菌なのかという区別をつけている訳です。

よく聞かれる代表的な乳酸菌の種類

昨今の猫も杓子も乳酸菌という「菌活ブーム」ですので、皆さんが良く聞かれる代表的な乳酸菌の種類をいくつか挙げておきます。

乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌) 日本人なら知らない人がいないヤクルトの使われている乳酸菌で、正式名称はラクトバチルス属科カゼイ種YIT9020株と言い言い、胃液や胆汁などの消化液に強いとされ、生きたまま腸に到達し、腸内のビフィズス菌を増やして、腸内環境を改善します。
KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株 キリングループが発見した乳酸菌で、正式にはラクトバチルス属カゼイ種KW3100株と言います。アレルギー状態の際に、免疫バランスを整える作用があるとされ、アレルギー改善や免疫力アップが期待されます。
プラズマ乳酸菌(JCM5805株 キリンと小岩井乳業の共同研究により開発。正式名称はラクトコッカス属ラクティス種JCM5805株と言います。免疫細胞の司令塔であるPDC(プラズマサイトイド樹状細胞細胞を活性化し、風邪やインフルエンザウィルスに負けない強い強い身体をめざします。
LG21乳酸菌 明治乳業が保有する2500種類以上の「乳酸菌ライブラリ」から発見された乳酸菌で、正式にはラクトバチルス属ガセリ種OLL2716株と言います。他の乳酸菌に比べて胃で生きる力が強いとされ、ピロリ菌の活動を抑える効果があるとされています。
ガセリ菌SP株 雪印メグミルクが発見した乳酸菌で、正式名称はラクトバチルスガセリ種SBT2055株と言います。生きたまま腸まで届き、長く腸内に定着します。
L-92乳酸菌 カルピス社が発見した乳酸菌で、正式名称はラクトバチルス属アシドフィルス種L92株と言います。アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の緩和が期待できるとされています。
ラブレ菌 正式名称はラクトバチルス属コアギュランス種とされ、京都の漬物のすぐき漬けから発見された大変強いとされる乳酸菌です。

上記はほんの一部ではありますが、上記でご紹介した乳酸菌はほとんどが、ヨーグルトやサプリメントという形で乳酸菌製品として、スーパー等の量販店や通販から販売され、世の中に出回っています。

スポンサーリンク

乳酸菌は摂取する量よりも種類のほうが大切!

腸内環境を整え、体に様々な健康効果をもたらすとされる乳酸菌ですが、ただ単に摂れば良いと言う訳ではありません。乳酸菌の種類にはいろいろあり、乳酸菌によっては、効く部位にも違いが見られます。

効果を発揮する部位は乳酸菌によって違う

腸には、十二指腸、大腸、小腸と言った部位に分けられます。乳酸菌の種類によっては、それぞれ効く部位が違います。

例えば、ラブレ菌などの免疫をコントロールするような乳酸菌は主に小腸で効きますし、ビフィズス菌は大腸で効果を発揮します。同じ種類の乳酸菌ばかりをたくさん摂り続けても、腸全体のケアは出来ません。「この乳酸菌はどの部位で効果を発揮する乳酸菌なのか?」というそれぞれの乳酸菌の特徴を知ったうえで、上手く摂取するようにしましょう。

日本古来の和食には、良質の乳酸菌がたくさん!

ヨーグルトだけが乳酸菌ではありません。日本に住む私たちには、日本古来からある和食に良質の乳酸菌がたくさんあります。

味噌は日本が誇る伝統の乳酸菌

日本には、大豆から獲れる醤油や味噌があり、特に味噌は良質の乳酸菌として、その効能が見直されています。塩分の摂りすぎにはご注意ですが、みそ汁は「天然の点滴」と言われ、その効能や効果は他の乳酸菌を凌ぐものがあります。昔から「医者に金を払うぐらいなら、味噌屋に払え」と言われるぐらい味噌は健康効果の優れたものとして重宝されているのです。

味噌を買う時の注意点

ただ、味噌を買われるのなら、スーパーに安く売られているものも中には、保存料なる防腐剤は含まれていて、肝心の菌がいない場合があります。買うのなら、しっかり菌の生きている元気なものを選んで買うようにすると良いでしょう。

★関連記事:味噌の健康効果が凄い!

味噌汁は食べる点滴!沸騰させても有効な乳酸菌を摂ろう!
どうも!管理人の免疫大魔王です。日本には、乳酸菌が豊富な発酵食品が実に数多く存在し、積極的に摂ることで、優良な腸内フローラを創ることができたり、免疫力を高め...

日本が誇る古くからある乳酸菌として、味噌を少しだけご紹介しましたが、日本にはまだまだたくさんの古くから食べられてきた乳酸菌があります。醤油や塩麴などもそうです。

是非、もっともっと乳酸菌のことを知って頂いて、健康に役立てましょう!

あとがき

昨今の菌活・腸活ブームもあり、スーパーなどの量販店にも多くの種類のヨーグルトやいろいろな乳酸菌製品が並ぶようになりました。

でも多くの方は、なんとなく「体に良さそうだから買っておこう」という感じで具体的に乳酸菌にはどんな種類があるのかであるとか、乳酸菌にはどんな効果があるのかは理解できていない方が多いような気がします。

こうして偉そうに言っているボク免疫大魔王も以前は乳酸菌の事なんて全く知らなったですし、興味もありませんでした。ただ、もう何年も悩まされ続けたアトピーを何とか改善したいという一心で、アトピーの改善方法をいろいろ調べた挙句に見つけて実践し、改善された要因の一つが、発酵食品などの乳酸菌だったのです。

乳酸菌がどのように効果があるか、自分にはどの乳酸菌が合っているかは、実際に飲んで試してみないことにはわからないと思いますが、このサイトが参考になればという思いから、ボクの実体験やほかの人からの聞いた話を中心にこのサイトを立ち上げました。

いろいろな悩みを抱えて、このサイトに来て下さった方がその悩みを少しでも解消できるヒントになれれば幸いです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-乳酸菌
-, ,

Copyright© 免疫大魔王の菌活ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.