乳酸菌の活性化について|生きた菌だけが有効なのか?死菌であっても効果は変わらない!

【スポンサーリンク】


Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。

乳酸菌は私たちの腸内環境を整えてくれ、良い状態にしてくれます。

ただ、よく聞かれるのが、

「生きて腸まで届く菌じゃないと、意味がない!」

とか、

「ヨーグルトの乳酸菌は腸に届くまでに死滅してしまうので食べるだけ無駄!」

というご意見を聞くことがあります。

本当に生きた菌じゃないとダメなのか!?

ヨーグルトの菌はほとんどが死んでしまうのは本当なのか!?

ちょっと調べてみましょう。

スポンサーリンク

生きた菌じゃないとダメなんだろうか?

生きた菌じゃないとダメなの?

口から摂取した乳酸菌は、生きて腸まで届くものと、腸に届くまでに、胃酸や胆汁などの消化液の影響を受けて死滅してしまうものとに分かれます。

今回のテーマは、乳酸菌である以上は生きて腸まで届かないと意味が無いということを良く耳にしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

生菌と死菌の違い

生きた菌の事を「生菌」と言い、生菌は悪玉菌の栄養源となるタンパク質を取ったり、腸管粘膜に付着することによって、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを正常化する働きをします。

その反対で、死滅した菌の事を「死菌」と言います。

死菌だからと言って決して邪魔になるとか、何の効果も無いとか言うのとは決してなく、死菌は腸内でビフィズス菌のような善玉菌のエサとなり善玉菌を活性化させます。例えれば水溶性食物繊維のような働きをする訳です!

最近のある食品メーカーの研究や開発により、敢えて一番良い状態で熱処理を行い、死菌にすることによって、腸内で免疫細胞と出会った時に最高のコンディションで働く乳酸菌が出てきています。

乳酸菌ちゃん
私も以前は乳酸菌って、やっぱり生きたまま腸に届かないと意味が無いっておもっていたわ!

生きた菌も大切だけど、死菌も死菌なりの役割があるのよね。

免疫大魔王
そうなんです!

中にはサプリメントなどの製品として精製するときに、あえて熱処理を行うことでより効き目が高くなる乳酸菌もあるんですよ!

 

殺菌酸乳の健康効果

ある食品メーカーのマウスを用いた実験により、生菌でも死菌でも健康効果は変わらないという証明がされています。

マウスに殺菌生乳を用い、90匹のマウスを普通の餌を投与したグループと、牛乳が14%添加された餌を投与したグループと、殺菌生乳が14%添加された餌を投与したグループに分け、離乳期から一生に渡って寿命を調べました。

その結果、普通の餌と牛乳が14%添加された餌を与えたマウスのグループの平均寿命が84.9週と84.4週で変わらなかったのに対し、殺菌生乳の添加された餌を与えらえたマウスのグループの平均寿命は7週間長い91.8週という結果が見られたのです。

なお、この実験に使用した殺菌生乳は長時間発酵・熟成した殺菌生乳です。

これは、殺菌生乳に含まれる乳酸菌の発酵生成物があるいは乳酸菌の菌体成分が、マウスの延命に何らか有効に働いていると推測されます。

また、この実験により、各マウスのグループの腸内細菌叢を調べた結果、殺菌酸乳を与えたマウスのグループは他のマウスのグループより、おなかの中のビフィズス菌の菌数が常に約10倍高いことが分かり、これも何か延命に影響を及ぼしていることと考えられています。

引用先:大和薬品HP ドクターからの健康アドバイス より抜粋 生菌でも死菌でも効果は変わらない

2018-1.3

このように、死菌であっても生菌以上の健康効果が発揮されていることが証明されています。ですので、生きて腸まで届かなくても、こうして健康効果があることがわかりますね。

その他にも、殺菌処理をすることで、生きた菌より一層健康効果が高まることが分かっている乳酸菌をいくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク

他にもある!健康効果の高い死菌の乳酸菌いろいろ

お菓子などの食品に使用されている乳酸菌のほとんどは死菌です。ただ、ほとんどの死菌が熱処理により敢えて死菌にすることによって、より高い健康効果を見いだせている乳酸菌がほとんどを占めています。

 

死菌の種類

L-137乳酸菌

死菌の代表格ともいえる乳酸菌に、HK L-137という乳酸菌があります。

HK L-137乳酸菌はアジアの伝統的な発酵保存食の「なれずし」から発見された乳酸菌になります。

琵琶湖名産の鮒ずし

なれずしから発見された乳酸菌をバーモントカレーでお馴染みのハウス食品が熱処理をすることによってHK L-137乳酸菌として開発しました。

HK L-137乳酸菌はお腹の調子を整えることを目的とした乳酸菌ではなく、私たちの体の防衛能力である「免疫力」を高めることを目的とした乳酸菌になります。

ハウス食品はHK L-137を使用したサプリメントも開発・販売しています。

免疫大魔王
上の写真が滋賀県の琵琶湖名産の鮒ずしです。

ボクは見た目の凄さからどうしても食べる勇気が出なかったんですが、もったいないことをしたと今でも後悔しているんです。

乳酸菌ちゃん
後悔するぐらい健康効果が高いってわけね!

どんな健康効果があるの?

免疫大魔王
免疫力を高めてくれて、季節の変わり目に体調を崩すのを防いでくれたり、風邪のひきにくい強い体づくりに役立つ強い乳酸菌だと言われているんですよ。

★関連記事:なれずしから発見された乳酸菌ラクトプランHK L-137

 免疫大魔王の菌活ブログ
免疫大魔王の菌活ブログ
菌活・腸活でカラダイキイキ!

 

シールド乳酸菌®

シールド乳酸菌®は、ビヒダスヨーグルトやアイスのピノでお馴染みの森永乳業が保有する数千株の乳酸菌のなかから選ばれた乳酸菌です。

シールド乳酸菌®はシールド(盾)のように、外部から侵入する敵から身を守ることをイメージして命名されました。

シールド乳酸菌の写真

出典:森永乳業 シールド乳酸菌

シールド乳酸菌も、免疫力を高めることを目的とした乳酸菌になります。

シールド乳酸菌を使用した製品はチョコレートやアイスやタブレットの他、他社とコラボしてお茶漬けやサプリメントなど、たくさんの製品が世に出ています。

★関連記事:シールド乳酸菌の入ったタルトを食べてみました!

どうも!管理人の免疫大魔王です。先日は嫁さんの誕生日でしたので、ボク免疫大魔王は前からちょっと気になっていたタルトを予約しておきました。しかもただのタルトで...

 

EC-12

EC-12は、生菌とは違い、腸管にある※パイエル板に取り込まれることによって、免疫活性を誘導出来るとされる乳酸菌です。他の乳酸菌に比べて、菌体のサイズが小さいことから、腸の中で作用しやすいとされています。

※パイエル板とは?

腸の中はネバネバした粘膜層で覆われ、絨毛というヒダが敷き詰められています。そのなかでも、絨毛の無い場所がところどころに存在しています。そのところどころに未発達のパッチワーク状の領域のことをパイエルパッチと名づけられました。

パイエル版の写真

出典:Wikipedia パイエル板

実は、このパッチの下の小腸の粘膜固有層にリンパ小節が平面上に集合していることが明らかになっており、このリンパ小節の平面上のリンパ組織がパイエル板と呼ばれるようになったそうです。

つまり、免疫で重要な役割をする中枢器官であるということです。

 

EC-12はパイエル板のM細胞から免疫細胞に取り込まれ、T細胞やB細胞などの免疫担当細胞に働きかけ、免疫を調節します。

 

スポンサーリンク

死菌についてのまとめ

死菌についてお話しましたが、こうして見ると、熱処理や加工によって、生菌顔負けの健康効果を発揮していることが分かっています。

「生きて腸まで届いたからと言って優れているとは限らない」と誰かが以前に言っていましたが、まさにその通りであり、乳酸菌の研究や進化は日進月歩の勢いで進んでいると言えるでしょう。

今回の死菌は、敢えて熱処理などの加工を施すことにより、より高い健康効果を発揮する乳酸菌のお話が中心でしたが、体に入る前は生きていたが、胃酸や胆汁によって生き延びられなかった乳酸菌もあります。

しかし、死菌には糖やたんぱくなどの菌体成分が含まれており、生菌と一緒に腸内に入ることで、定住していた善玉菌の餌となり、腸内を活性化する働きがあります。

腸内に定住している善玉菌は何も食べないと死んでしまいますから、死菌であっても、ある程度の量を腸内に入れてあげることが大切ですね。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

乳酸菌は生きていてナンボだという既成概念が取っ払われたかと思います。近年では乳酸菌をお菓子などの食品に配合し、健康効果を発揮できるよう敢えて熱処理などを施した死菌を使用することで、効果を発揮しているようです。

食べて美味しいだけでなく、健康効果も考えた作り方を工夫して世の中の役に立っているのですから素晴らしいですね。

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください