乳酸菌が入った乳酸菌チョコは本当に健康効果があるのでしょうか?

【スポンサーリンク】


Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。

乳酸菌の入った乳酸菌入りチョコが発売されてから久しいですが、相変わらず売れ行きはまずまずのようです。

CMも発売当初から、吉田羊さんと小松菜奈さんの変わらぬコンビで雰囲気も良さそうですね。

ボクはとても疑り深いほうで、発売当初は、「チョコレートを食べて腸内環境が改善されるなんて、都合よすぎる!」と無視していましたが、売れ行きが好調なのを聞きますと乳酸菌チョコについていろいろ調べてみたくなりました。

今回は乳酸菌入りチョコの健康効果についてお話してみます。

スポンサーリンク

乳酸菌チョコの商品詳細

乳酸菌ショコラは専門のホームページもあった!

発売以来、売れ行きが好調の乳酸菌チョコ、ロッテの乳酸菌ショコラですが、実際に専門のホームページまで存在していました。

ロッテ SWEET DAYS 乳酸菌ショコラ

このホームページには、実際に食べた人の意見が書かれていました。ホームページのご意見とは、

どこでも好きなタイミングで好きな量を摂ることが出来るので便利!

手軽に乳酸菌が摂れるし、疲れた時に甘いものが食べたくなる時に乳酸菌ショコラを食べれば、チョコレートを食べているという罪悪感がない。

おいしいし、満足感があるので、おやつとしてもよく、一石二鳥だから。

というご意見ですが、「罪悪感が無い」というのはなんとなく理解できます。
ダイエットのためなどで、チョコレートやスイーツなどの甘いものを我慢していた時につい食べてしまっても

「乳酸菌入りだし、腸内環境の良さそうだからいいや!」

という具合に食べてしまったことへの罪悪感を消すことができてしまうのでしょう。

 

実は、ロッテの乳酸菌ショコラは日経トレンディの2016ヒット商品ベスト30の中の

第6位に選ばれたようです!

日経トレンディネット

上記でお話しましたように、乳酸菌が入ったことで食べる甘いものを食べることへの抵抗感や罪悪感を拭い去れるのも功を奏しているように思うのです。

ただ、お値段が1個300円ですので、チョコレートにしてはちょっと高いんですよね。

 

機能性表示食品の乳酸菌ショコラ

ロッテの乳酸菌ショコラは、※機能性表示食品として販売されています。

乳酸菌ショコラの商品ラインナップのなかでも、

●乳酸菌ショコラ ミルクチョコレート

●乳酸菌ショコラ ビター

の2商品だけですが、機能性表示食品なのです。

※機能性表示食品とは?
機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限れらていました。

機能性表示食品とは、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんが商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」制度が始まりました。

引用先:消費者庁 syokuhin1442.pdf

 

上記のような制度が機能性表示食品です。

当サイトの他の記事でも、機能性表示食品の説明はしていますが、よく質問がありますのが、「特定保健用食品(トクホ)とどこが違うの?」
という質問です。

機能性表示食品が特定保健用食品(トクホ)と異なる点は、トクホは、該当食品に表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

機能性表示食品は特定保健用食品(トクホ)とは異なり、該当商品が事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。

発売前に該当商品の機能の根拠などに関する情報は、消費者庁長官に届けられます。
ただし、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

要するに特定保健用食品(トクホ)に比べて、許可を取得する際の時間や費用が抑えられるものであり、トクホに比べて表示の垣根が下がったものととらえてよいでしょう。

 

含まれる乳酸菌T001とは?

ロッテの乳酸菌ショコラには、乳酸菌T001が使用されています。

正式名称はラクトバチルス属ブレビス種T001株というのでしょうか。

京都の伝統的な漬物”すぐき漬け”から発見された乳酸菌だと言われてはいます。

ただ、すぐき漬けから発見された乳酸菌はラブレ菌だと聞いていたのですが、T001株というのは初めて聞く菌株ですね。正直よくわかりません。

★関連記事:漬物の種類の中でもすぐき漬けは凄い乳酸菌!すぐき漬けと京のおばんざいでバンザイ!!

漬物の種類の中でもすぐき漬けは凄い乳酸菌!すぐき漬けと京都のおばんざいでバン...
どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さんは、「ラブレ菌」という乳酸菌を知っていますか?実はこのラブレ菌、京都で有名な漬物の種類の中でも特に、すぐき漬けという歴...

ただ、乳酸菌ではなく、チョコレートそのものの健康効果には何が期待できるでしょうか。

 

スポンサーリンク

チョコレートの健康効果

中世ヨーロッパでは、薬局で売られていたカカオ豆

チョコレートの原材料のカカオ豆ですが、体に良いさまざまな効果があります。古代では”神の食べ物”と崇められ、19世紀のヨーロッパでは薬として薬剤師のいる店に置かれていたそうです。世にもおいしい薬として始まり、時代を超え、人々を魅了し続けるチョコレート。甘みな味に秘められた健康と美容効果について紐解いてみましょう。

引用先:GODIVA

 

チョコレートの健康パワーはカカオ・ポリフェノールにありました!

がチョコレートが健康に良いと言われる一番大きな理由はポリフェノールの一種である、カカオ・ポリフェノールにあるとされています。この成分は、ワインや緑茶にも含まれていますが、チョコレートのポリフェノールはワインの約2倍もあるのです!

ポリフェノールはガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を抑える働きがあり、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があるようです。

活性酸素が出すぎると良くないというのはボクも知っていますが、それを抑えてくれるパワーがチョコレートにあったなんて驚きです!

 

独特の香りが、記憶力やリラックス作用にも!

そういえば、昔中学生の頃のテスト勉強で、眠気と闘いながら頑張っていたときに、母親がチョコレートを持ってきてくれ、チョコレートを食べると不思議なことに集中できたという記憶があります。

また、チョコレートに含まれるテオプロミンという成分が神経を鎮静させる作用があり、リラックス効果もあることがわかっています。

 

ミネラルや食物繊維が美容・ダイエットにも効果的!

チョコレートの原材料であるカカオ豆には、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルが豊富にバランスよく含まれています。特に女性は鉄分が不足しがちのようで、鉄分が含まれているのは嬉しい効果ですね。

また、チョコレートは食物繊維の宝庫でもあり、食物繊維は便通を改善し、血圧の上昇を抑える効果もあります。便通が良くなれば、自然と美容やダイエットにも効果的なのは、乳酸菌の効果・効能と似通っているところがあります。

 

スポンサーリンク

乳酸菌とチョコレートのドッキングで、より健康が高まる!

似ている効果効能でパワーアップ!

こうして、チョコレートと乳酸菌の効果や効能を比べてみますと、活性酸素を抑えたり、便通を改善したりできるのは、とても似ている気がします。と言うより、相乗効果で、よりパワーアップが見込めるのではないでしょうか。

★関連記事:タルトに森永の乳酸菌が!免疫力を高めるシールド乳酸菌入りのタルトを食べてみました

タルトに森永の乳酸菌が!免疫力を高めるシールド乳酸菌の入ったタルトを食べてみ...
どうも!管理人の免疫大魔王です。先日は嫁さんの誕生日でしたので、ボク免疫大魔王は前からちょっと気になっていたタルトを予約しておきました。しかもただのタルトで...

チョコレートという殻で乳酸菌を包み込み、腸内に送る。生きて腸まで届いた乳酸菌はチョコレートとともに、腸内で健康効果を発揮すると言ったところでしょうか。

今後の、乳酸菌チョコに期待したいところです。

 

乳酸菌入りとは言っても、お菓子はお菓子

上記では、乳酸菌チョコレートの良いところばかりをお話してみましたが、やはりお菓子はお菓子なのです。

乳酸菌入りチョコレートを実際に食べた方のレビューを見てみましても、ご意見は賛否両論です。

中には、

「チョコレートのような甘いものを食べることへの罪悪感を乳酸菌が入れることで胡麻化している!」

といった辛辣なご意見もありました。

また、チョコレートなどのお菓子には砂糖はもちろんのこと、添加物や化学物質も含まれています。たまに食べるぐらいなら良いですが、毎日食べるような常食化されてしまうのは考えものかと思います。

 

いくら体に良く、健康効果があるからと言って、都合の良いところばかり真に受けて食べすぎないようにされたほうが良いでしょう。

やはり、何事も適度が一番というところでしょうか。

せっかく食べるのであれば、健康効果が期待できる食べ方も大切だと思うのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ロッテの乳酸菌ショコラは、ホームページで書かれている内容によりますと、乳酸菌がチョコレートでコーティングされていることで、乳酸菌が生きたまま腸まで届き、腸内環境を改善するというものです。

実際に食べた方のレビューをみていますと、効果が実感でき便秘が治ったと言う方もおられたり、その逆で何の効果も無かったと言う方もおられます。

ボク自身の意見としては、腸内環境の改善とは

「食生活を中心としたバランスのとれた生活環境」

だと考えています。

極端な例かもしれませんが、普段の食事がコンビニ弁当やファストフードばかりだったり、スナック菓子や甘いものを常食しているのに、チョコレートやヨーグルト1個で腸内環境が改善できるなんてナンセンスだと思います。

やはり、バランスの良い普段の食生活が基本です。

★関連記事:【腸内フローラの強い味方】発酵食品で腸内環境を改善!和食のすすめと栄養効果

【腸内フローラの強い味方】発酵食品で腸内環境を改善!和食のすすめと栄養効果
どうも!管理人の免疫大魔王です。最近、疲れやすくなったなあお肌の調子がイマイチで落ち込んでしまうなんとなく体がだるくて、何もする気がしないなどなど、気分がど...

目先の情報に惑わされないようにしたいものです。

ただ単にチョコレートが食べたいのであれば、乳酸菌入りじゃなくても良いでしょう。

 

あとがき

乳酸菌入りチョコに限らず、世の中は菌活ブームのようで、お菓子やカップ麺など乳酸菌入りの商品が盛りだくさん。

まさに、”乳酸菌バブル”といった状態と言えるでしょう。

ただ、乳酸菌が入っているから体に良いと言う訳ではありません。

ボクは菌活ブームに乗っかったメーカーの戦略にしかとらえていません。

選ぶ側が賢くなりましょう。

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください