アトピーを改善したい方は必見!乳酸菌やビフィズス菌の持つ効果とは!?

【スポンサーリンク】


Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です!

最近凄く増えているアレルギー疾患、中でもアトピー性皮膚炎は、発症する方が多く、大人になってから発症する「大人アトピー」が多いようです。

最近の研究では、いろんな種類の乳酸菌のなかで、アトピーのなどのアレルギー疾患を緩和する乳酸菌も出てきて、話題を呼んでいます。

以前にも、別の記事で話してますように、ボク免疫大魔王も36歳の時にアトピーを発症しました。発症から10年以上が経ち、ようやく完治が見えてきたかなあというところですが、まだ油断禁物です。

今回の話題は、そのアトピーなどのアレルギー疾患を緩和してくれる種類の乳酸菌や、どのような摂り方をすれば効果的なのかをボクの経験も交えてお話していきます。

スポンサーリンク

乳酸菌やビフィズス菌が免疫力を調整する

アトピー発症の原因

アトピーの概念としては、以前なら子供がなるものと考えられていましたが、近年では大人になってから発症する「大人アトピー」が増えてきています。ボクもそうです。

実際にはっきりとした「コレ!」という原因はわかっていないのですが、遺伝によるアレルギー体質のほか、ストレスや食生活が原因とも言われています。

アトピーだけではありませんが、アレルギー疾患は、免疫バランスの崩れが一番の原因と言われています。

腸管に病原体をキャッチする関所があります。
これを「パイエル板」と呼び、腸管にたくさん点在していて、
食べ物と一緒に入ってきた異物を取り込んでは、体に悪いものでないかチェックします。

病原体を見つけるとメッセンジャー役の免疫細胞(B細胞やNK細胞、Th1やTh2)が全身を駆け巡り体を守る準備を始めます。

ところが、このTh1細胞とTh2細胞の働きのバランスが崩れることで、アトピーなどのアレルギー症状を発症するのです。

免疫細胞の働き

Th1細胞・・・細菌やウィルスなどの異物に対して反応。敵を退治するためにB細胞に「どんな敵か?」を知らせて、抗体(武器)を作るように命令します。

B細胞はつくった抗体(武器)で敵を攻撃する。一度作った抗体(武器)は記憶されるため、二度と敵が侵入してこないように見張っています。

Th1細胞

Th1細胞はB細胞やNK細胞を活性化させて、細菌やウィルスをやっつける細胞です。

このとき、Th1細胞が指令を出す際に、分泌するのが「IFN‐γ」(インターフェロンガンマ)というサイトカイン(生理活性物質)であり、このサイトカインが無いと、B細胞たちは敵を攻撃することが出来ません。

Th2細胞

Th2細胞・・・ダニやカビ、花粉などのアレルゲンに反応。
B細胞を活性化させて、敵をやっつけるために抗体(武器)を作るように指示します。
その際に、Th2細胞からは、「IL‐4」(インターロイキン4)が分泌され、B細胞に抗体(武器)を作るように指示を出します。

 

このTh1細胞とTh2細胞の免疫バランスが崩れ、Th2が強くなりすぎると(過剰になりすぎると)アレルギー症状を起こすのです。

アトピー発症は免疫バランスの崩れから

本来、腸内環境が良好であれば、Th1細胞とTh2細胞のどちら一方が過剰にならないように、お互いの分泌するサイトカインが抑制し合うように働いています。

但し、極端に強いストレスが続いたり、疲れがピークに達したりして
何らかのきっかけで免疫バランスが崩れることによって、アレルギーが起こるのです。

ボクが36歳の時に、アトピーを発症したときもやはりそのような状況でした。

夜遅く不規則な仕事に追われ、
睡眠不足でロクに休みもせず、体の感覚としては、

「疲れているのか、疲れていないのかも分からない状態」

でした。

ついに体が悲鳴を上げたのがアトピーの発症だったのでしょう。
今は、長い間のケアの甲斐があって、アトピーの状態は落ち着いてはいますが、まだ完治はしていません。

★関連記事:LGG菌が凄い!ラクトバチルス・ラムノーサスはアトピーや花粉症の症状改善に効果的!

LGG菌が凄い!ラクトバチルス・ラムノーサスはアトピーや花粉症の症状改善に効果的!
どうも!管理人の免疫大魔王です。世の中に乳酸菌は数えきれないぐらいたくさんの種類がありますが、それぞれの乳酸菌が得意や不得意があり、それぞれの効く場所や効能...

除菌のやりすぎが招くアレルギー

実は、アトピーなどのアレルギー疾患は日本のような先進国独特の疾患であり、
開発途上国には見られない疾患なのです。

原因は近年は何でもかんでも除菌するという習慣になっています。
ボクの子供の頃と比べてみても、どこもものすごいきれい好きになっています。

 

床を除菌スプレーで除菌しないようにする

どこの家の中でも「抗菌グッズ」や「除菌グッズ」であふれています。
赤ちゃんがハイハイをした手をそのまま舐めたりしますよね。床には土壌菌を代表する細菌がたくさん散らばっています。室内で暮らす赤ちゃんは、ハイハイをした手足を舐めることで、腸に土壌菌をたくさん摂取しているのです。

でも、大人が「床を触った手を舐めるとバッチいから!」と床を除菌スプレーで掃除してしまいます。

人間の腸内細菌叢の組成は1歳で決まってしまうと言われています。大人たちが床をスプレーで除菌してしまうと、赤ちゃんは大事な土壌菌を摂取できなくなってしまいます。そのかわりに、殺菌作用のある薬剤を腸の中に入れてしまうことになるのです。

それがあだとなって、昔に比べると、腸の中の細菌の種類や数が減っているのが免疫バランスの崩れの原因だと言われています。

まさに「きれいはきたない」「きたないはきれい」であり、きれいにしすぎるのが逆に災いとなっていると言われています。

授乳の前に、おっぱいを消毒したり、哺乳瓶を殺菌するのもいけません。腸内細菌の基礎、基盤を築くこの時期に、バッチいものを排除してしまうことが、昨今のアトピーなどのアレルギー疾患の増加の原因だと言われているのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌がアトピー性皮膚炎の症状を改善

アトピー性皮膚炎は、腸内環境の悪化から、腸壁のバリア機能が弱くなりそこからアレルゲンが侵入しやすくなります。

そのバリア機能の弱くなった腸壁を修復してくれる働きをするのが、乳酸菌やビフィズス菌というわけです。

また、乳酸菌やビフィズス菌には、Th1とTh2のバランスを整える働きもあります。

Th1細胞とTh2細胞のバランスを整えるということは、
バランスが崩れて、アレルゲンに対し、過剰な反応をしないように
することが出来ます。

これにより、アトピーの発症を抑えたり、改善できることが期待されます。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に効果があるとされる菌はどれ!?

最近はアトピーの改善の手段として、乳酸菌の効果・効能が大変見直されています。実はボク免疫大魔王も、アトピーがここまで改善でき、もう少しで完治というところまで来れたのは、食生活の改善も含めてですが、乳酸菌の恩恵が大変大きいです。

では、アトピー性皮膚炎の改善が期待できる乳酸菌にはどのようなものがあるでしょうか?ちょっと見てみましょう。

 

乳酸菌KW3110

小岩井乳業とキリンの共同開発で売り出された乳酸菌です。乳酸菌にありがちなお通じを良くする効果もありますが、免疫力向上やアレルギーの緩和も期待できる乳酸菌です。

乳酸菌KW3110株は免疫細胞のバランスを整え、アレルギー症状を緩和する優れもの!
どうも!管理人の免疫大魔王です。花粉症やアトピー、食物アレルギーにアレルギー喘息など、近年はさまざまなアレルギー症状に悩まされる方が増加する傾向にあります。...

 

ビフィズス菌LKM-512

1997年に発酵乳から発見されたビフィズス菌の一種です。

数あるプロバイオティクスの中でも、LKM-512は胃酸や胆汁などの消化液にも影響を受けず、生きたまま腸に達し腸内でなお増殖するという大変強い菌になります。

便秘が改善されたり、アトピーのかゆみが引いたり、様々な効果が確認されています。

ビフィズス菌【LKM512株】の健康効果が凄い!LKM512株ヨーグルトも好評!
どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さん、お腹の調子はいかがでしょうか。「最近、風邪を引きやすくなったなあ」「前に比べて、疲れやすくなった気がする」「見た目が...

 

LGG乳酸菌

LGG乳酸菌は世界で一番研究されている乳酸菌になります。
その効能はアトピーに限らず、便秘や花粉症、その他のさまざまな体のお悩みを緩和・改善してくれる極めて守備範囲の広い乳酸菌になります。

LGG菌が凄い!ラクトバチルス・ラムノーサスはアトピーや花粉症の症状改善に効果的!
どうも!管理人の免疫大魔王です。世の中に乳酸菌は数えきれないぐらいたくさんの種類がありますが、それぞれの乳酸菌が得意や不得意があり、それぞれの効く場所や効能...

 

スポンサーリンク

アトピー改善には腸内環境の改善は必須条件

ボクがアトピーを完治直前まで持ってこれたのは、乳酸菌の摂取を含めた腸内環境の改善によるところが大きいです。

今現在、アトピーの症状と闘っておられる方はたくさんいらっしゃると思います。

うすうすお気づきでしょうが、アトピーは薬で治すことは出来ません。
薬は確かに必要ですし、ボクは今でもたまに使用しますが、それはアトピーの症状を一時的に抑えるための「対症療法」にすぎません。

根絶治療食生活を基本とした生活習慣の改善しか無いかと思います。

こういうふうに言ってしまうと、「やっぱりステロイドはいけないのか!」と早合点してしまう方もいらっしゃるかと思います。そうではありません。

「アトピービジネス」と言う言葉がありますが、誰が言いだしたか分かりませんが、”ステロイドは悪!”のような風潮が一時期高まっていたこともあり、ボクもその類の情報に振り回された時もありました。

発疹が出た今の症状をリセットするのは必要です。罪悪感を持たずにステロイドを使えば良いと思います。

ただ、それとは別に、根絶治療として、乳酸菌を含めた食事の見直し、生活習慣の改善に取り組んで頂きたいのです。

ちゃんと取り組めば、それなりに良い結果が出ます!

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください