ビフィズス菌BB536株の効果と効能 世界で最初のビフィズス菌ヨーグルトをみんな一度は食べている

【スポンサーリンク】


Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。
ビフィズス菌は、乳酸菌と特性の違いはありますが、ビフィズス菌も乳酸菌の仲間だと言うことです。

ビフィズス菌も数限りないほどの菌株が存在しますが、今回のビフィズス菌はちょっと有名なビフィズス菌です。

ヨーグルトも出回っていますので、当サイトにきて頂いているあなたご自身も一度は食べたことがあるんじゃないでしょうか。

実は、今回の主役のBB536ですが、ビフィズス菌の中では世界で一番最初にヨーグルトになったビフィズス菌なのです。しかも製品化したのが、日本の乳製品メーカーの森永乳業なのです。

今回はBB536の効果・効能についてお話していきます。

スポンサーリンク

ビフィズス菌BB536株の特徴や効果・効能

出典:森永乳業 商品情報 http://bifidus.jp/products/#item04

森永乳業が発見したBB536株

ビフィズス菌と呼ばれるものは世界中にたくさんの種類がありますが、それまでに発見されたビフィズス菌は、熱や酸素に弱く、食品として利用するのは非常に困難とされていました。

1971年に森永乳業が発見したBB536は、熱や酸素、また酸に強く、初めて食品として応用するのが可能になったようです。

もともとBB536は健康な乳児から発見された、ヒトに棲む種類の乳酸菌です。

現在では、人間以外の動物にすむビフィズス菌が使われたヨーグルトも存在しますが、やはり私たち人間にはヒト由来のビフィズス菌が相性が良いとされています。

 

高い整腸作用

日本人の腸は欧米諸国の人々に比べると長いという特徴があります。

便秘などにより、長い腸の中に便が長時間停滞することで悪玉菌が作りだす有害物質のアンモニアなどが発生したりするのです。

酸に強いとされるBB536株は生きたまま腸まで届き、腸に定着します。
そして、乳酸や酢酸を生成し、腸の蠕動運動を活発化し、消化を助ける働きをします。
蠕動運動の活発化により、お通じが改善され、便秘を防ぐことが出来ます。

 

感染症を防ぐ

また、ビフィズス菌が生成した酢酸は、殺菌能力が強いことから腸の中でウィルスが定着したり、吸収されるのを防ぐ働きをします。

つまり酢酸によって免疫力が向上すると言うわけです。免疫力が向上したことによる免疫細胞の働きによって、病原性大腸菌O-157も抑制されると言われています。

 

アレルギーを予防

花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患は、近代日本において増加の傾向にあります。

アレルギー疾患の増加の原因は、除菌のし過ぎによる腸内細菌の減少や、食生活の変化など様々な原因があると言われており、現代病の一つとされています。

★関連記事:腸の健康がアレルギー改善の秘訣!免疫力の高まる食事

腸の健康がアレルギー改善の秘訣!免疫力の高まる食事
どうも!管理人の免疫大魔王です。当サイトを見て頂いているあなたは、何らかのアレルギーでお悩みではないでしょうか?今、当サイトにきて頂いているあなただけではな...

 

ビフィズス菌BB536には、花粉症に伴う目のかゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの花粉症の諸症状を緩和する効果があることが分かっています。

実際に花粉症の人にBB536株を20億個以上含むヨーグルトを2週間食べてもらう実験を行ったところ、目と鼻のかゆみが改善されたという結果が報告されています。

また、スギ花粉のアレルギーの度合いを調べる実験でも、「スギ花粉特異的ⅠgE
値」が下がったという報告があります。

花粉症に限らず、アレルギーの種類は色々あり原因は様々ですが、一番有力な原因としては、Th1とTh2という免疫細胞のバランスの崩れが原因であるということです。

ビフィズス菌B536株は腸内細菌や腸の壁の内側にいるとされる免疫細胞に働きかけることで、崩れた免疫バランスを修正してくれるため、アレルギー症状の緩和・改善が期待されています。

 

潰瘍性大腸炎にも効果が!

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症を起こし、潰瘍やただれができて穴があく病気です。中には大腸ガンを併発することもある恐ろしい病気です。

B536株が潰瘍性大腸炎を抑える効果があることが報告されています。

 

世界30か国以上で利用されているビフィズス菌

ビフィズス菌BB536はヨーグルトやサプリメント、粉ミルクに至るまで、世界30か国以上で利用されているビフィズス菌です。

世界中から安全性が認められた有益なビフィズス菌とされています。

 

骨を強くする作用

骨の強度は加齢とともに弱まっていきます。

近年の日本人で、骨粗しょう症の方が増加しているのは、食生活の変化も多少影響があると言われています。

ビフィズス菌BB536株は、骨の密度(骨密度)を高める働きがあると言われています。

ビフィズス菌BB536株には、作り出す酸によって腸内を酸性に保ち、カルシウムが吸収されやすくなる状態になるためだと考えられているのです。

BB536の関連製品と一緒にカルシウムを含む食品を摂取することで、効率よくカルシウムを摂取できるのです。

 

スポンサーリンク

ビフィズス菌BB536株の市販製品

出典:森永乳業 商品情報 http://bifidus.jp/

ビフィズス菌BB536株には、ヨーグルトなどの市販製品があり、お手軽にBB536を摂ることができます。

普段からビフィズス菌BB536を摂り、腸を元気にしませんか!

 

ビヒダスプレーンヨーグルト

森永乳業から発売されているビヒダスプレーンヨーグルトは酸味を抑えたまろやかな味わいのプレーンヨーグルトです。

発売されてからだいぶ経過していますので、皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

食べて美味しく、食べることで腸内のビフィズス菌を増やし、良好な腸内フローラを形成します。

普通のヨーグルトにも整腸効果はあります。

ただ、生きているビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べることは、普通のヨーグルトを食べるのに比べて整腸効果が高いのです。

また、ビフィズス菌はビタミンB群を生成する働きがあります。

 

期待されるプロバイオティクスの働き

最近よく聞かれるようになった”プロバイオティクス”という言葉ですが、何のことなのかといった方も多いのではないでしょうか。

プロバイオティクスとは、生きて腸まで届いて、腸内フローラを整え健康に有益に働く微生物のことを言います。

ビフィズス菌や乳酸菌はプロバイオティクスにあたります。

プロバイオティクスに対比するのがアンチバイオティクスです。

アンチバイオティクスとは、抗生物質を使って細菌を退治して病気を治すことであり、良い菌を増やして病気を未然に防ぐというプロバイオティクスと対比的な考えとなります。

近年は必要以上に抗生物質を使うことで、耐性菌が出てくるなどの弊害があり、一部対策が施されているものもあります。

 

特定保健用食品

ビヒダスプレーンヨーグルトは、※特定保健用食品(トクホ)になります。

※特定保健用食品(トクホ)とは?
からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中 のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするの に役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。

表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者長官が許可しています。

実は、ボクもビヒダスBB536プレーンヨーグルトは毎日食べています。

無糖タイプで砂糖や砂糖以外の甘味料も入っていないのですが、香りがよく、適度な硬さでとても気に入っています。続けやすい味わいかと思います。

まだ、食べ始めてから間がないので、しばらくして体への効果を感じたらレビューしたいと思っています。

 

ビヒダスBB536(カプセル入り)

ビフィズス菌BB536をサプリメントで摂ることが出来る商品になります。

悪玉菌を減らして腸内環境を良好にする働きがあります。

【機能性表示食品】ビフィズス菌BB536サプリメント【通販限定】に期待できる効果と...
出典:Amazon https://www.amazon.co.jp/皆さん、こんにちは!当サイトにきて頂きありがとうございます。当サイトの管理人の免疫大魔王です。元気にお過ごしでしょうか...

ビフィズス菌BB536(カプセル入り)は※機能性表示食品になります。

※機能性表示食品とは

機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に表示を許可した特定保健食品(トクホ)と、国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。

機能性表示食品は、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の方々が商品の正しい情報を得て、選択できるように平成27年の4月より、「機能性表示食品」の制度が始まったのです。

「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。

安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。

4消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択できるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。

引用先:消費者庁PDF 機能性表示食品とは 2018-3-11 http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin1442.pdf

機能性表示食品が特定保健用食品と異なるところは、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではないところです。

 

大人向け粉ミルクの発売

森永乳業は2018年4月11日、大人向けの粉ミルク「ミルク生活」を発売すると発表しています。

実は、ミルク生活には、ラクトフェリン、ビフィズス菌BB536のほか、シールド乳酸菌が配合されるとのことです。

大人向けの商品としてどのようなものが発売されるのか今から楽しみですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本来、ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見されたヒトの腸内に棲む菌株になります。

今まで30か国以上でヨーグルトやサプリメント、育児用の粉ミルクなど、健康食品や育児用食品として利用された実績があり、認められた菌株であると言うことです。

安全性においても40年以上にわたる研究から認めらえており、安心して摂取することができるでしょう。

特に、アレルギーや便秘などのお悩みがある方は、継続して摂取されてみてはいかがでしょうか。

 

あとがき

BB536のヨーグルトは、スーパーなどの量販店にも常においてあり、簡単に入手できます。

BB536のヨーグルトはボクも何度か食べていますが、ごく普通のおいしいヨーグルトです。

ただ、ヨーグルトがどうしても苦手な方は、サプリメントも発売されているようですので、そちらを試してみるのも良いかもしれません。

腸を元気にして元気に過ごしましょう!

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください