ザワークラウトの上手な作り方を教えて下さいと頼まれた時のレシピを教えます!

Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。

皆さんは、「ザワークラウト」という食べ物を知っていますか?

ザワークラウトとは、ドイツにおけるキャベツの漬物のことを言います。

キャベツを乳酸菌発酵させて作るザワークラウトはドイツ版のお漬物。本場ドイツやドイツ移民の人が多いアメリカでは、メインディッシュの肉料理などの付け合わせとしても、食卓に並ぶ機会が多いようです。

美味しくて健康効果も大変高いとされるザワークラウトは我が家でも家内のお手製で食事の献立で出たりしますが、「酸っぱいキャベツ」と呼ばれていて、どうやら我が家の子供たちはあまり好きではないようです。

今回のテーマであるザワークラウトですが、一見簡単に作れそうに見えるせいもあり、自分で実際に作ってみられる方が多いのですが、意外のうまくできなくて本来のザワークラウトの酸っぱい味でなく、塩辛い味になってしまったり、失敗も結構あるようです。

ザワークラウトが美味しく作れたら、健康効果も高いですし、食卓が楽しくなりそうですね。

今回は、そのうまい作り方や健康効果についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

ザワークラウトとは!?

ザワークラウトの写真

ザワークラウトの由来

ザワークラウトはドイツにおけるキャベツの漬物のことであり、またキャベツの漬物を使用した料理のことを言います。

食べると酸っぱい酸味だ独特の味ですが、この酸っぱさは酢によるものではなく、乳酸菌発酵によるものであり、酢に漬け込むのではありません。

英語では、サワークラウト、仏語ではシュークルート、オランダ語ではズールコール、ポーランド語ではキショナ・カプスタ、ロシア語ではカプースタ。

フランスのアルザス地域やポーランドをはじめ北欧、東欧、ロシアでも食されているほか、ドイツ移民の多いアメリカ合衆国、カナダなどでもよく食べられている。

1世紀には古代ローマで食べられていた記録があるが、現代のものは16世紀から18世紀にかけてヨーロッパに広く定着した。

引用先:ウィキペディア ザワークラウト 2017-5-3

 

ザワークラウトの主な食べ方

ザワークラウトは、本場ドイツではソーセージを使った肉料理などの付け合わせとして主に使われるほか、ドイツ国内でも地方によって食べ方や調理の仕方が異なるようです。

ザワークラウトの写真

上の写真は、ザワークラウトを使ったドイツの代表的な料理の一つである「シュラハットプラッテ」(ドイツ語)という豚の腿肉をザワークラウトの上に載せて蒸し焼きにしたダイナミックな料理があります。

他にも、ザワークラウトと豚肉を一緒に煮込む料理もあり、特に豚肉との相性が良いのです。

また、肉に限らず魚を載せた料理もあり、それは海魚に限らず、ドイツのライン川やドナウ川、またフランスのドナウ川で獲れる鱒や鯉などの川魚も使われるようです。

地中海の地方では、海の魚介類を載せた料理も見られます。

他にも、油で炒めたり、ホットドッグに挟む材料として使われたりと使い勝手の良さが食べ方にこだわらない便利さで親しまれています。

ザワークラウトはドイツの家庭料理として欠かすことの出来ないものでして、決してメインディッシュを張るほどの主役ではありませんが、料理のうまいアクセントのお手伝いをする「名脇役」といったところでしょうか。

 

ザワークラウトの健康効果

ザワークラウトはビタミンCを含む保存食として、レモン果実や果汁にも負けない長い航海による壊血病予防の食事として食べられてきました。

壊血病予防の食事としては、材料であるキャベツ自体に豊富なビタミンCが含まれており、作る際に加熱をせず乳酸菌発酵させることから、さらに多くのビタミンCが生成され、健康効果が高いとされています。

ザワークラウトの健康効果を十分に活かした食べ方は、加熱せずに生のまま食べることで豊富に含まれるビタミンCが壊れないためおすすめの食べ方です。

また、食べると乳酸菌のチカラによって、腸内の善玉菌が活性化されお腹の調子を整えることが出来ます。

原材料であるキャベツの食物繊維との相乗効果もあり、その健康効果の高さから近年では日本でも食材に摂りいれられるようになりました。

ダイエット食としても人気が高まってきています。

 

乳酸菌ちゃん
お腹の調子を整えてくれて、なおかつダイエットにも効果が期待できるなんて、もう食べるしかないわね!
免疫大魔王
おっ!さすが美容には敏感な乳酸菌ちゃん!

でも、ザワークラウトはダイエットだけじゃなくて、アレルギーの改善にも効果が期待できると言われているんですよ。

ボクもぬか漬けと同じように、家でザワークラウトを自作して食べだしてからは、アトピーの症状が劇的に改善したんですよ!

乳酸菌ちゃん
素晴らしいわね!

私も自家製でザワークラウトを作ってみるわ!

 

ザワークラウトに含まれる乳酸菌の種類とは!?

ザワークラウトには、「HSK201株」という種類の乳酸菌が豊富に含まれています。

この乳酸菌はアトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和する働きがや、免疫力を高める効果があるとされています。

★ザワークラウトから発見された乳酸菌

どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さんは、「ザワークラウト」という食べ物をご存じでしょうか?ザワークラウトはドイツ発祥のキャベツの漬物の事で、キャベツを塩で...

 

乳酸菌HSK201株は、飲むヨーグルトなどの市販製品として市場に出回っており、簡単に入手することが出来ます。

ただ、乳酸菌HSK201株を摂るのに一番良い方法は、ザワークラウトをご家庭で自作して食べることが最善だと思うのです。

では、どのようにすれば健康効果の高いとされるザワークラウトをうまく作ることが出来るでしょうか。

 

スポンサーリンク

ザワークラウトの正しい作り方

キャベツの写真

良い作り方はシンプル・イズ・ベスト

ザワークラウトをつくるのが難しいと言う方が多いようです。

ザワークラウトの独特の酸っぱさは乳酸菌発酵によるものであって、どの程度が失敗と言われているのかはわかりませんが、本当にシンプルな作り方で良いかと思います。

でも、ボクも最初に作ったときは上手く発酵せずに失敗しました。最初に作った時の反省点を踏まえて作ったら、上手く作ることができたのです。

では、失敗も含め、我が家でのザワークラウトの作り方をちょっとだけ公開してみます。

免疫大魔王
我が家のザワークラウトの作り方は特別なものは何も無く、本当にシンプルな作り方です。

 

キャベツを千切りにする(約半玉(500g)

千切りにしたキャベツ

 

そのキャベツの重さの約2~3%の量の塩を揉み込む。目安はキャベツ半玉(約500g)に対して塩が小さじ2杯です。

塩をもみこんだキャベツ
免疫大魔王
キャベツがしんなりするまでに塩を揉みこみます。(結構力を要するかも)

女性には重労働かもしれませんね。

 

キャベツを保存する瓶をアルコール消毒する。焼酎で十分です。

瓶をアルコール消毒
乳酸菌ちゃん
キャベツを入れる瓶が耐熱ガラスなら、熱湯をまわしかけして消毒するといいわよ。

変な菌を繁殖させないためにも、最初の消毒は大事ね。

 

キャベツの外葉で蓋をして、空気が入るのを防ぐ

キャベツの外葉を被せる
免疫大魔王
キャベツの乳酸菌は嫌気性のために、酸素のあるところでは生きることができません。

だからキャベツの外葉で蓋をしてあげましょう。

瓶の蓋は軽く閉めるのがコツですよ。

 

大体2~3日は常温で保存

瓶に詰めたザワークラウト
免疫大魔王
気候が暖かい時期ですと2~3日の常温保存ですが、冬のような寒い時期は、大体5日ぐらいの常温保存が必要です。

気候と相談して管理してください。

そのあとは冷蔵庫に入れて保存しましょう。

これで約3か月は保存できます。

 

出来上がり!

出来上がったザワークラウト
免疫大魔王
酸っぱくて美味しいです!

いかにも体に良さそうって感じですね(笑)

 

たったこれだけで出来るハズなのです。

日本の漬物をご家庭でご自分で漬けたことがある方であれば、

「なんだ!簡単じゃないか!」

と思われるぐらい簡単なのです。

難しく考える必要はありません。あとは、微生物や酵素のチカラで自然に美味しくなるかと思います。

 

ザワークラウト失敗談

簡単に作れるザワークラウトですが、1回目の時はうまく発酵せずに失敗しました。

なぜ失敗したかと言いますと、最初にキャベツを塩で揉みこむときに大量の水がキャベツから出ます。

その出た水は残らずキャベツと一緒に瓶に入れて下さい。

ぼくは最初に出た水を捨ててしまったため、後から出たキャベツの水分だけではうまく発酵しなかったのです。

 

免疫大魔王
ザワークラウトは本場の輸入品がAmazonとかの通販で買えるのですが、出来るのだけご自分で作ったほうが愛着が湧くというものでしょう。

実際に作ってみると本当に簡単ですので、頑張ってチャレンジしてほしいのです。

失敗も良い経験になりました。

乳酸菌ちゃん
私もチャレンジしてみよっと!
免疫大魔王
是非、作ってみて下さい!

自分で作ると一層おいしく感じますよ!

お家で簡単に作ることができ、いろんな料理に手軽に使えて、美味しく、しかも健康効果が高いザワークラウトを是非作って食べてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

免疫大魔王
いかがでしょうか。

今回はシンプルなザワークラウトの作り方としては至ってシンプルな作り方をご紹介したのですが、作り方はさまざまあり、白ワインビネガーやローリエ、キャラウェイシードを使ったレシピもありますので、そちらも試してみると良いかと思います。

ボクの場合は、キャラウェイシードや白ワインビネガーなどを加えると本来はドイツの大衆料理であるはずのザワークラウトが高級品になってしまいそうで、それはやりませんでしたが。

乳酸菌ちゃん
とにかくまずは、自分で作ってみて、好みの味を追及してみるのもいいかもよ!
免疫大魔王
そうですね!

なんでも実践ありきであって、”考えるよりまず行動”ですよ。

”行動は知識の適切な果実である”とはよく言ったものですね。

 

あとがき

f:id:menekidaimaou:20170329221850j:plain

我が家でも、ザワークラウトが食卓に上がるようになって久しいですが、最初こそ子供たちも「酸っぱい酸っぱい!」とあまり好んで食べなかったのが、慣れたせいもあるのか、成長とともに味の好みが変わってきているのか、今では何も言わずに食べるようになりました。

アレルギーにも効果があり、免疫力を高める乳酸菌が含まれていて健康効果が高いザワークラウトはボク免疫大魔王のおススメです!

特にアレルギーを持っておられる方は、ぜひご家庭で自作されることをおすすめします。

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください