インフルエンザよりも怖い耐性菌とは?風邪を治すには抗生物質を使わないことが大事

【スポンサーリンク】


Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。

いま、当サイトにきて頂いているあなたは風邪を引きやすいほうですか?
それとも風邪などめったにひかないほう?

風邪を引いても、めったに仕事を休むわけにはいかないしどうすれば早く治るの?
と言う方も少なくないはず。

ただ、冬の寒い季節に限らず、風邪を引きやすい方と、風邪などとほぼ無縁の方と両方のタイプの方がいらっしゃいますね。

実は、今回のテーマである風邪を早く治す方法として、抗生物質などの薬を使うか使わないかによって、その後、風邪を引きやすくなるか引きにくくなるかに相当影響するのです。

今回は、風邪を引いてしまった時の賢い対処法と、風邪を引かない強い体にするにはどのようにすればよいかについてお話していきます。

スポンサーリンク

風邪を引いてしまったときの賢い対処法

かぜ薬(抗生物質)はウィルスをやっつけるものではない

風邪をひいてしまったなというときに、病院へ行く方と行かない方と両方おられるかと思います。

風邪で病院の外来を受診したときに、お医者さんはどんな薬を出してくれたでしょうか?

・熱を下げるための抗炎症剤
・咳止め
・痰の薬
・鼻水の薬
・胃薬

ぐらいではないでしょうか。

実は、風邪を引いたときに処方される薬にはどれ一つとして、風邪のウィルスをやっつけるものはありません。

 

上に列記した薬はすべて、咳や痰などの各症状を緩和するだけのものであって、ウィルスをやっつけるものは存在しないのです。

では、

「風邪のウィルスをやっつける薬が無いのなら、どうやって風邪が治るの?」
「病院へ行っても風邪が治らないのなら病院に行く必要なんて無いじゃないの!」

といわれそうですが、そうでもありません。

風邪を引いたときに薬を飲む理由は、風邪を引くことによって咳がたくさん出たり、鼻水が止まらなかったりすることが長く続くことで体力を消耗するのを緩和するためのものです。

薬の力によって、症状をできるだけ抑え、体の負担を軽くするためのものなのです。

風邪そのものを治すのは、私たちの体の中にある※「免疫力」なのです。

 

※免疫力とは?

免疫とは、読んで字のごとく「疫」=病気から逃れることを言います。

私たちの体のなかには、体に侵入してきた風邪やインフルエンザなどのウィルスや、O157などの病原菌に反応するさまざまな免疫細胞が存在します。

細かい説明は長くなるので、当記事では避けますが、風邪の場合だとまず、活躍するのがマクロファージやNK(ナチュラルキラー)細胞や好中球などの免疫細胞です。

免疫力とは、免疫細胞に正常に働いてもらうためのチカラのことを指します。

 

免疫力は加齢やストレスでどうしても下がる傾向にあります。
免疫力は、食生活を中心とした普段の規則正しい生活によって高めることができます。

風邪に対する薬の役割は、免疫力が風邪のウィルスをやっつけようと頑張っている間に薬の力を借りて、症状を出来るだけ抑えるためと考えたほうが良いでしょう。

また、ときどき風邪によっては抗菌薬などの抗生物質を使う場合もあります。

抗生物質を使うのは、のどにうみがついていて、細菌感染の疑いのある場合や、かぜで体力が低下して、細菌感染を合併することを予防するために処方しているのであって、風邪そのものを治すためではないのです。

 

風邪やインフルエンザより怖い耐性菌とは?

風邪で抗生物質を使わないほうがよい理由として、抗生物質を使うことによって耐性菌が出来てしまう恐れがあることです。

耐性菌とは、細菌やウィルスが薬による抵抗力を持ってしまい、薬による細菌やウィルスの繁殖を抑えられなくなることがあります。

抗生物質をむやみに使っていると細菌が薬による抵抗力を持ってしまい、薬が効かなくなってきます。薬に対しての抵抗力を持った細菌のことを耐性菌と呼んでいます。

また、抗ウィルス剤に対しても同じであり、抗ウィルス剤が効かない薬剤耐性菌が現れています。

インフルエンザなど、抗ウィルス薬を使わないとダメな場合は仕方ないですが、風邪で抗生物質をむやみに使用するのは控えたほうが良いと言えるでしょう。

 

耐性菌に対する新たな取り組み

抗生物質については、厚生労働省が新たな取り組みをしています。
2018年2月18日(日)の朝日新聞の朝刊で下の記事が掲載されました。

厚生労働省の取り組みは、抗生物質の誤った使い方によって薬が効かなくなる耐性菌の広がりを抑えるため、医師が幼児の風邪や下痢に抗生物質を使わずに適切な説明をすれば、医療機関に報酬を支払うという新たな仕組みを設けるというものです。

2018年の4月からの診療報酬改定に盛り込むとされています。

ボクは、風邪で病院に入ったことはありませんが、小さい子供さんがいるご家庭では、何かあったらいけないという用心や、インフルエンザの疑いのために病院に行かれることがあるかと思います。

実際に国内でよく使われている抗生物質は、「フロモックス」や「クラビット」「クラリス」などがあります。

肺炎を引き起こす細菌を壊したり増えるのを抑えたりはしますが、ウィルス性の風邪やインフルエンザには抗生物質は効きません。それどころか、抗生物質をむやみに使用することで耐性菌が生まれてしまう可能性があります。

厚生労働省によると、2015年に全国の病院で見つかった黄色ブドウ球菌の48.5%が耐性菌だったのです。

 

小さい子供さんをお持ちのご家庭は、肺炎などが心配かと思います。
ボクも娘が小さい時に肺炎に罹り、入院した経験がありますので、気持ちは痛いほどわかります。

対処法は、信頼できるかかりつけのお医者さんを見つけておくことと、普段から風邪を引かないように免疫力を高めておくことでしょう。

 

風邪を早くなおすにはどうすればいい?

実際に風邪を引いてしまってからは、早く治すに越したことはありませんね。
「でも、どうすれば早く治るの?」
出来るだけ早く治すには、次のことを実践すればよいでしょう。

睡眠時間の確保

最初に応えを言ってしまいますと、風邪を早く治すための一番の対処法は、ゆっくり寝ることです。と言うよりも、ゆっくり寝る以上の治療はありません。

風邪を引くと、咳や鼻水が多く出たり、発熱などがある場合は特にそうですが、相当な体力を消耗します。風邪によって消耗した体力を取り戻すには、ゆっくり寝ることです。

風邪と睡眠には密接な関係があり、風邪に罹りやすくなった原因が、睡眠不足や睡眠リズムの乱れであるというのは、様々な研究結果で根拠があるのです。

私たちの体の中には、ウィルスや病原菌を見つけ、必要であれば攻撃して退治するたくさんの種類の免疫細胞がいます。

睡眠不足になると、免疫細胞が病原菌やウィルスを攻撃、撃退する力が弱まるのです。要するに「免疫力が下がっている」状態ですので、風邪を引いてしまうのです。

免疫力が下がった結果、風邪を引いてしまったのであれば、睡眠をしっかり取ることで、下がった免疫力を再度高めて、風邪を早く治すようにするのです。

 

ビタミンCを摂る

ビタミンCには、高い抗酸化作用があります。

風邪に伴う発熱や咳などで、体は多くの体力を消耗している状態です。風邪の引き始めにビタミンCを摂ることで、のどや胃の粘膜を修復しながら、白血球の働きをサポートし、下がった免疫力を上げるのに役立ちます。

ビタミンCはミカンなどの果物で摂るのが一番ですが、ビタミン剤などのタブレットで摂るのも良いでしょう。

 

体を温める

人間が体調を崩す一番大きな要因は、体温を下げることだと言われます。
気温の変化などにより、体温を下げると免疫力が下がります。

逆に、体を温め、体温を上げることによって免疫力があがり、風邪のウィルスに対抗できます。

上の風邪薬のところでもお話しましたように、風邪そのものを治すのは、薬ではありません。
あなたの体内にいる免疫細胞に頑張ってもらうのです。

免疫細胞に風邪のウィルスをやっつけてもらうために、温かいものを飲んだり、重ね着をして体を温めることが大切です。

風邪の時は生姜湯が効果的だと言われます。
生姜の成分には風邪悪化させない効果が期待できる

ジンゲロール
ジンゲロン
ショウガオール

の3つがあります。

特にジンゲロールには、のどの痛みなどに効き、殺菌作用が期待できます。

ジンゲロンとショウガオールはジンゲロールに熱を加えることによって作られる成分であり、下がった免疫力を高めたり、胃腸の働きを活発にし、体を中から温める効果が期待できます。

生姜を温めてつくる生姜湯は、風邪を引いたときに飲むことで早く風邪を治す効果があります。

 

水分補給

風邪を引くと、発熱などにより普段より多くの水分が蒸発します。
水分の蒸発が続くことで、水分を補わないと脱水症状を起こす恐れが出てきます。

のどが渇いていなくても、知らず知らずのうちに水分を失っていますので、こまめに水分を補給するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

風邪を引きにくくするための生活習慣

風邪を引きにくい人はどんな人?

世の中には、寒くなると必ず風邪を引いているようなとにかく風邪を引きやすい人と、ほとんど風邪とは無縁と言えるぐらい、風邪を引いたのを見たことが無い人の両方のタイプが存在します。

風邪を引きにくい人とはどのような人なのでしょうか?

2018年1月14日放送の【NHKスペシャル「人体」万病撃退!”腸”が免疫の鍵だった】では、ゲストに小島瑠璃子さんと、米メジャーリーグで活躍中の田中将大投手を迎えて、「腸と免疫の最前線」というテーマで議論しました。

田中将大投手は、なんとプロ野球選手になってから丸10年の間、風邪や食中毒で試合を休んだことが無いのです。

★関連記事:腸の健康がアレルギー改善の秘訣!免疫力の高まる食事

腸の健康がアレルギー改善の秘訣!免疫力の高まる食事
どうも!管理人の免疫大魔王です。当サイトを見て頂いているあなたは、何らかのアレルギーでお悩みではないでしょうか?今、当サイトにきて頂いているあなただけではな...

田中投手は免疫力がかなり高いのでしょう。
免疫力の高さを決めるのは腸です。腸が強いひとは風邪をひきにくく、また風邪を引いたとしても、すぐに完治します。

腸には、体全体の約6~7割もの免疫細胞が集まっています。
免疫細胞は、風邪などのウィルスや病原菌などの侵入者が入ってくるのを常に見張っています。
そして、見つけ次第、チームプレイで攻撃し、撃退します。

免疫細胞たちに元気に働いてもらうためには、善玉菌優位の腸内環境である必要があります。
悪玉菌優位で便秘や下痢を繰り返しているような環境では免疫細胞は健全には働いてくれません。

つまり、免疫力を高めるのに重要な役割を持つ腸を元気にしておく必要があります。

すなわち、風邪を引かないというより引きにくい健康なひとは、腸が健康だと言えるでしょう。

風邪にも負けない強い腸を作るには、普段からの生活で気を付ける点がいくつかあります。

 

食生活の改善

風邪をひきにくい免疫力の高い体づくりのための食事には昔から理想的なバランスがあると言われています。

1回の食事の理想のバランスは
主菜:1 副菜:2 主食:1 汁物:1
となっています。

えっ!?主菜って何?
    副菜ってどういう意味なの?

よく耳にする言葉ではありますが、何のことか分からないって方も少なくないはず。

主菜とは、主にタンパク質や脂質、エネルギーや鉄などの供給のことを指し、ビタミン・ミネラルも主菜のうちに入ります。

具体的に言いますと、肉、魚、卵などにあたります。

タンパク質と言いますとどうしても肉を多く食べがちになってしまいますが、うまく卵や大豆を利用することにより、お肉やお魚などの動物性脂質を減らす工夫が必要です。特に豆腐や納豆などの大豆製品が良いでしょう。

 

副菜は、主にビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源になる野菜が中心となります。
特に日本人は昔から昆布やわかめ、めかぶ、ヒジキなどの海藻類を食べてきました。

実は、欧米諸国の人々はあまり海藻類を食べる習慣がありません。
腸の中に棲む、海藻類を消化する腸内細菌は日本人独特の細菌なのです。

海藻類の他には、きのこやイモ類を意識して摂るようにすると良いでしょう。

主食はお米やパンやパスタなどの穀類になります。
穀類のような炭水化物はエネルギーの供給源になるので、大切になりますが、同時に
糖質が多いので、麦を混ぜるとか、たまには玄米にするとか、工夫して摂るようにしましょう。

★関連記事:【腸内フローラの強い味方】発酵食品で腸内環境を改善!和食のすすめと栄養効果

【腸内フローラの強い味方】発酵食品で腸内環境を改善!和食のすすめと栄養効果
どうも!管理人の免疫大魔王です。最近、疲れやすくなったなあお肌の調子がイマイチで落ち込んでしまうなんとなく体がだるくて、何もする気がしないなどなど、気分がど...

汁物は、日本人が昔から飲んでいる味噌汁が良いでしょう。
味噌汁は「食べる点滴」とも言われるほど栄養成分が豊富です。

味噌汁の主原料となる味噌は大豆を麹菌で発酵させた日本に昔からある発酵食品です。

昔から「医者に金を払うぐらいなら味噌屋に払え」とも言われ、大豆そのものが栄養豊富なだけではなく、麹菌による発酵という過程を経ることで、大豆にはないアミノ酸類やビタミン類が生成されるのです。

1日1杯ずつでも味噌汁を飲んでみて下さい。
高い健康効果にきっと驚くことでしょう。

★関連記事:味噌汁は食べる点滴!味噌の乳酸菌パワーで美しく健康生活

味噌汁は食べる点滴!味噌の乳酸菌パワーで美しく健康生活
どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さん、毎日元気に過ごせていますか?このサイトにきて頂く方は、たいていがご自分のお体に何等かのお悩みを抱えておられる方が多い...

 

質の良い睡眠

睡眠は心身の健康を維持するための重要な要素のひとつになります。
昔に比べ、近年は夜型の人が増えていると言われます。

仕事の時間帯が深夜の方などの場合は仕方ないでしょうが、本来人間は昼間活動して、夜は休む動物です。

また、現代人の平均睡眠時間は、健康を保つために必要な睡眠時間に対して1時間短いと言われています。睡眠時間が短いことは、睡眠で改善できるはずの疲労が蓄積してしまうのです。

健全な体を作るためには、昼間の活動で消耗した神経や細胞を休めることによって、さび付いた体を還元して、蘇らせる働きがあります。

風邪を引きやすい人は、睡眠が不足することで、疲れが取れていませんので、体の中の免疫細胞が健全に働かずに風邪のウィルスに打ち勝つことができません。

普段から質の良い睡眠をとって、免疫力を高めるようにしましょう。

 

適度な運動

風邪を引きやすい人の大部分は運動不足の傾向にあります。
ボクのまわりにもおられる方でしょっちゅう風邪を引いてられる方はほとんどが運動不足です。

 

実は、加齢による筋肉の減少率は年間で約1%ですが、1日中動かないでいるとなんと、1日に0.5%もの筋肉が失われます。ということは、2日間動かないでいると、1年分の筋肉を失っているのです。

例えば、プロのアスリートの方がケガをして静養している間にすっかり筋肉が落ちてしまったと以前にテレビで見たことがありますが、筋肉量の低下によって、血流が悪くなり、体温が低くなることで風邪を引きやすくしているのです。

 

いわゆる、現代人に多いと言われる低体温症ですが、健康を維持してくれる免疫力は、体温が低下することによって下がります。免疫力が下がることで風邪はもちろんのこと、ガンなどの他の病気にもかかりやすくなっているのです。

筋肉を増やし、体温を上げて免疫力を高めることで風邪を引きにくくするためには、適度な運動が必要です。

適度な運動で最も最適なのが、ウォーキングスロージョギングです。

1日30分、毎日続けることによって下半身に適度な負荷をかけ続けることによって、筋肉を維持することができます。

毎日続けるとはいっても、いろいろな都合があって、どうしてもウォーキングやジョギングの時間が取れないと言う方もいらっしゃるかと思います。

朝や夜帰宅してからわざわざ時間を取らなくても、通勤の電車の1駅分を歩くとか、エスカレーターやエレベータなどを使わずに階段を使うようにするとか、工夫次第によって、下半身に適度な負荷をかけることができます。

★関連記事:便秘のセルフケア|排便力をつけるのに有効な補助療法|ウォーキング

便秘のセルフケア|排便力をつけるのに有効な補助療法|ウォーキング
どうも!管理人の免疫大魔王です。排便力を付けて便秘の改善に有効な運動の一つとして、ウォーキングが挙げられます。ウォーキングと言っても、上の写真の女性のように...

本当に激しい運動は必要ありません。
激しい運動は、体内に余分な活性酸素を発生させてしまう原因になりますので、逆効果です。
ジョギングは早く歩くペースより少し早めのスロージョギングがちょうどよいでしょう。

ウォーキングでもスロージョギングでも、背中が少しだけ汗ばむ程度の運動がちょうどよく、程よく体温を上げ、筋肉をつけることが出来ます。

やるときのコツは、決してストイックにならず、周りの景色を楽しむ散歩のつもりでやるほうが長続きもしますし、精神衛生上も良い効果が期待できるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

風邪を引かない体づくりの要点は”如何に免疫力を高めるか”に集約されるかと思います。

今回は、風邪を引いたときに早く治す方法と、風邪を引かないための普段の生活の仕方の両方についてお話をしました。

どちらも大事なことではあるのですが、やはり普段から規則正しい生活をして免疫力を高め、風邪を引きにくい体づくりに取り組むことを行うべきでしょう。

普段不規則でダラダラした生活をしていては、免疫力を上げることはできません。
健康は普段からのコツコツとした積み上げの賜物だということですね。

 

あとがき

ボクの職場でも、昔に比べて風邪を引く方が増えたように思います。

ただ、今はどこの職場でも人手不足で、風邪などで休んでしまうことによって、周りに負担を与えてしまうため、普段からの健康管理は大変重要ですね。

働くという言葉は、”端を楽にする”(まわりを楽にする)という意味合いもあるようでして、自分が健康でいることは、周りを幸せにすることにもつながるのです。

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA