昆布の種類や使い方を知って腸を元気に!

Pocket

どうも!管理人の免疫大魔王です。

皆さんは昆布が好きですか?

当サイトの別記事でも、昆布の美容・健康効果についてお話していますが、今回は昆布の種類と使い方についてのお話になります。

実際に今世の中に出回っている昆布には大変たくさんの種類があり、当記事では全部ご紹介しきれないかと思いますが、栄養価が大変高く、しかも美味しい昆布を知らないなんてもったいないですよね。

是非、どんな種類の昆布が世の中にあるのか、使用用途は何かを知って戴き、健康生活にお役立て戴ければと思います。

スポンサーリンク

用途いろいろ昆布の種類

昆布の産地 北海道の利尻と礼文島

昆布の種類と特徴

昆布は大変栄養価が高く、近年の健康ブームも手伝って高い健康効果が見直されています。

当サイトでも以前に昆布の健康効果については別記事でご紹介しています。

★関連記事:便秘のセルフケア|昆布があなたを救う!昆布の栄養を対解剖!

どうも!管理人の免疫大魔王です。皆さん、元気にされていますでしょうか?いつも体調万全でいたいものですが、皆さん色々お体には不具合を抱えてらっしゃいます。なか...

今回は前回の別記事でご紹介出来なかった昆布のいろいろな種類や使い方についてお話します。

本当にたくさんあるんですね!

免疫大魔王
今回は昆布が大好きなボクがいろいろ種類を調べてみました。

恐らく、全部はご紹介しきれないかと思いますが、一般的に出回っている種類は網羅できたかと思います。

乳酸菌ちゃん
種類に合った食べ方で、美容・健康効果の高い昆布をうまく使ってね。

 

真昆布

真昆布出典:Wikipedia 真昆布

真昆布は、”昆布の中の昆布”と言われるぐらい価格もちょっと張る最高級品の昆布になります。

主に日本、中華人民共和国、大韓民国で養殖されています。

体長が約3m、幅が30㎝にも達し、水深20m以下の岩の多い海で育ちます。

肉厚で幅が広いのが特徴で、日本での産地は北海道南部の沿岸から青森県、三陸の沿岸にかけて収穫される昆布です。

真昆布の食べ過ぎに注意!

真昆布はヨウ素を多く含有しており、食べ過ぎると甲状腺障害なることがあると言われているために注意が必要です。

 

羅臼昆布

羅臼昆布

出典:羅臼昆布の専門店

羅臼昆布は、真昆布に負けないぐらいというより同格の高級昆布になります。

ダシを取ると、特に濃いダシが出ることで有名であり、風味が強くコクのある味わいです。関東地方で好まれるようです。

昆布の厚みは薄く、幅は広めなのが特徴。

羅臼昆布は真昆布や利尻昆布と比べて、獲れる範囲が狭く、知床半島の羅臼側でしか獲れません。

しかも、ほとんどが関西や北陸などのごく一部の高級料亭向けに出荷されており、地元でも入手しにくいようなのです。

 

日高昆布

日高昆布出典:Amazon 日高昆布

日高昆布は別名”三石昆布”とも呼ばれ、一般的に広く親しまれている昆布になります。

煮あがりが早く、柔らかくなりやすいので、煮物や昆布巻き、佃煮とさまざまな料理に使われます。

 

北海道の道央南部にある日高地方が主な産地であり、出汁のあとにさまざまな料理にできる用途の広い昆布として人気があります。

 

利尻昆布

利尻昆布出典:Amazon 利尻昆布

利尻昆布は真昆布、羅臼昆布の次ぐらいに高級な昆布です。

とても澄んだダシがとれ、薄い塩味の上品な味わいがあるところから味噌汁などでも利用されます。

また、真昆布と比べると肉質が硬めな特徴から、とろろ昆布などの加工品に使用されることも多い昆布です。

産地は、主に北海道の利尻、礼文島沿岸になります。

 

早煮昆布

早煮昆布は、通常より早い時期に収穫した昆布です。

肉厚が薄く、水の戻りも早いため、その名の通り早く煮える昆布です。

短時間で煮えやすい特徴を持つため、野菜との炊き合わせや、さつま揚げや昆布巻き、結んでおでんの具材にも使うことができます。

あとは酢の物やサラダ、おひたしに湯豆腐と用途が大変広く、重宝されている庶民の味方です。

※適当な画像が無く申し訳ございません。

 

長昆布

その名の通り、長さが6~15もある巨大な昆布であり、収穫量が最も多いです。

産地は北海道の釧路・根室地方沿岸です。

ダシをとるには向いていない昆布で、佃煮、おでん、昆布巻きに使用されます。

 

厚葉昆布

産地は長昆布と同じ北海道の釧路・根室地方沿岸ですが、長昆布に比べて肉厚な昆布です。

繊維質が少なく柔らかいのでダシをとるには不向きであり、昆布巻きや佃煮、おでんなど煮て食べるための用途に使用されます。

 

細布昆布【細目昆布】(ほそめこんぶ)

細目昆布は北海道で最も古くから収穫されてきた昆布です。

形が帯状から笹の葉状で、成長したものでも長さは0.6m~1mぐらいです。

産地は利尻・礼文島から渡島半島のあたりまで分布しています。

ダシをとるには香りが弱く、比較的粘りが強い特徴のため、とろろ昆布やきざみ昆布などに使用されています。

 

がごめ昆布

がごめ昆布は、葉全体に雲紋状の凹凸模様があるのが特徴で、外見が籠目に似ているところから名前が付けられました。

特徴としては、ほかの昆布に比べてフコイダンを多く含むことから、全国放送のテレビ番組でも紹介され、話題を呼んでいます。

日本近海では、北海道南部から下北半島北側の沿岸に分布し、樺太南部、間宮海峡付近および朝鮮半島東海岸北部にも分布しています。

フコイダンを多く含むことから、サプリメントも開発・販売されています。

乳酸菌ちゃん
これだけ種類や使用用途があると、ちゃんと知識として知った上で選ぶことが大切ね。
免疫大魔王
そうなんです!

昆布だったらなんでも良いっていうわけにはいかないんですよね。

上記でお話した情報をぜひ参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

どれも美味しい!加工昆布コーナー

全部食べたい!加工昆布いろいろ

免疫大魔王
当項目は、昆布をさまざまな味や形に加工した昆布のコーナーです。

そのまま食べられるものから、お料理に使えるものまで種類がたくさん!

中には食べたことが無いものもあったりするかもしれませんよ。是非参考にしていろんなお料理にチャレンジしてみて下さい!

切り昆布

切り昆布出典:Amazon 切り昆布

切り昆布は、きざみ昆布とも呼ばれます。

干した昆布を細かく細切りにしたもので、炒め物や煮物に向いています。

 

 

 

すき昆布

すき昆布出典:Amazon すき昆布

すき昆布は、薄く細切りの昆布をすいて乾燥させたものです。

切り昆布に比べ、粘りが少なくあっさりしているため、どんな料理の具材にも合わせやすい昆布です。

 

 

塩昆布

塩昆布出典:Amazon 塩昆布

塩昆布は、昆布の加工品のなかで最も流通量が多く、どこのご家庭の食卓にも登場していると言えるでしょう。

別名”塩吹き昆布”とも呼ばれ、醤油、みりん、酒、砂糖などで味付けされています。

 

黒おぼろ、白おぼろ

酢に漬けた昆布を水を切って寝かせ帯状に削ったものです。

削り始めの表面の色が付いたものを”黒おぼろ”と呼び、中心部を削ったものを白おぼろと呼んでいます。削り始めの表面と中心部の両方が混ざったものは黒白おぼろと呼ばれます。

おぼろ昆布は、手で削る手削りと機械による機械削りとは食感にだいぶ差が出るようで、職人さんによる手削りのものは高級品として流通しています。

 

とろろ昆布

とろろ昆布出典:Amazon とろろ昆布

とろろ昆布は、酢に漬けた昆布を水分を切って乾燥させ、プレスして固めたうえで糸状に削ったものです。

おぼろ昆布同様に黒と白があり、味噌汁の具材や料理にそのまま使うことができ、大変便利な食材です。

 

 

 

納豆昆布

納豆昆布出典:Amazon 納豆昆布

納豆昆布は、酢に漬けた昆布を細かく刻んで乾燥させたものです。

水などで戻すと粘り気がでるところから納豆昆布と呼ばれています。

そのままご飯にかけて”ふりかけ”としても美味しく食べることができます。

 

酢昆布

出典:Amazon 酢昆布

酢昆布は、昆布を砂糖と酢で味付けしたものです。

昔からお菓子として食べられているもので、メーカーによって大きさや味付けがいろいろあり、そのまま食べたり、料理に使うこともできます。

 

 

子持ち昆布

子持ち昆布出典:Amazon 子持ち昆布

子持ち昆布は、昆布の加工品ではありません。

ニシンが生んだ卵が海中の昆布に付着したものです。

昆布にくっつくのは、ニシンの卵の膜に付着性があるためで、産卵期に浅瀬に生えた昆布やホンダワラ、アマモに卵を産み付けるのです。

食べるとプチプチとした食感が心地よく、管理人も大好きです(笑)

 

乳酸菌ちゃん
本当にたくさんあるわね!

どれから食べようか迷ってしまうわ。

免疫大魔王
そうですね。

昆布の加工品の良いところは、そのまま食べることもできますし、お料理に使えて用途が豊富なんです。

しかも、料理に使うと味付けされているものがお料理のダシのような役割をするので大変便利なんですね。

 

スポンサーリンク

昆布を使って料理を作ろう!

昆布を使って料理を作る

昆布の料理本のおすすめ

美容・健康効果の高い料理を作ろうと思っても、すんなりとはいかないもの。

普段慣れている方ならともかく、料理を普段していない方にとっては敷居が高く感じてしまうのではないかと思うのです。

というわけで、簡単に昆布料理がマスターできそうな料理本をご紹介しておきます。

 

奇跡の昆布革命

ダシのとりかたから、ダシ殻の使い方まで和洋中なんでもござれの昆布のレシピ本になります。

”目からうろこ”のような知識も数多くあり、口コミの評判もGood!ですよ。

 

柴田理恵の昆布活用術

テレビで活躍中のタレントの柴田理恵さんが出版している昆布のレシピ本です。

柴田さんご自身の昆布好きが高じて出版されたような本で、昆布に対する柴田さんの愛情すら感じる一冊です。

 

iPhoneアプリ COOKPAD

iPhoneユーザーの方なら、COOKPADがアプリで使えるので手元で確認しながら料理をすることが可能です。

手軽さが良いですね(笑)

 

まとめ

免疫大魔王
料理本はともかく、スマホを見ながら料理ができるようになるなんて、時代も変わりましたね!
乳酸菌ちゃん
ほんとに便利ね。

私もダウンロードしてみるわ!

免疫大魔王
是非、いろいろな昆布料理にチャレンジしてみて下さい!

 

あとがき


ボクがまだ小さかった頃、月に1回ぐらいの頻度で母親に連れられて町に買い物に行っていました。

そこには大きな乾物屋さんがあり、昆布もたくさんの種類が置いてあり、それを量り売りで売っているのです。

今になってじゃないとわからないのですが、少しでも質の良いものを家族に食べさせようとしていた母親の愛情を感じずにはいられません。

乳酸菌サプリ選びに迷ったらコレ!

乳酸菌革命でスッキリを体験しませんか!

「乳酸菌サプリメントって、たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷ってしまう!」
って方は多いはず。

そういう時は、16種類の乳酸菌が一気に摂れる”乳酸菌革命”をお試し下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください